SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

SOS子どもの村JAPANとは

たとえ生まれた家庭に困難があっても、
すべての子どもに家庭で愛されて
育つ子ども時代を

親の病気や虐待、貧困など、子どもと家族をとりまく環境が厳しくなるなか、家族と暮らせなくなる子どもたちは、年々増えています。そのような社会的養育の子どもたちのほとんどが、施設などで暮らしています。家庭で愛されて育つことは、子どもの心身の発達にとって何より大切なこと。私たちは、子どもたちにとってもうひとつの家族となる里親家庭の普及と、さまざまな事情を抱える子どもと家族の支援を通じて、どの子も子ども時代を損なわれることなく、安心して成長していける社会をめざしています。

あたり前の家庭生活を

経験できない

日本の社会的養育の子どもたち

活動の背景

里親による

家庭養育の普及と

里親支援

私たちの4つの活動

いつでも子どもが主体。

“子どもの最善の利益”を

実現するために

活動原則

2010年、

日本初の子どもの村が

誕生しました

子どもの村福岡

世界135の国と地域で

子どもたちを

支援しています

私たちのルーツ

あなたのご支援が、家族と暮らせない
子どもたちの力になります

いろいろなご支援のしかた

ページの先頭へ戻る