福岡地区小児科医会との共催研修会を開催します

2014.12.16

ニュース

SOS子どもの村JAPANは、家庭養護を支える専門家による多分野ネットワークづくりをすすめています。その一環として、福岡地区小児科医会と共催で、小児科医や医療関係者への啓発研修会を継続的に実施してきました。

今年度は、「子ども虐待が脳に与える影響と回復の可能性~いま、小児科医に求められるもの~」をテーマに、福井大学の友田明美先生をお招きします。

心と身体の発達期にある子ども時代の虐待は、子どもの脳に深刻な影響をもたらし、子どもの発達を妨げます。最新の脳科学的見地からわかってきた脳の発達への影響と、そのケアについて学び、子ども虐待からの子どもの回復の可能性を広げていくための研修会です。

医療関係者だけではなく、社会的養護に関心のある方は、ぜひご参加ください。

 

日時:2015年1月16日(金)19:30~21:00(受付19:00~)

場所:福岡市医師会館(福岡市早良区百道浜1-6-9)

研修詳細はチラシをご覧ください。

お申込みはコチラから

https://ssl.form-mailer.jp/fms/598d2d32332486

→ 2014.1.16】小児科医会研修会チラシ