【厚生労働大臣宛ての書簡/SOS子どもの村インターナショナルカウル会長より】

2018.01.22

ニュース

SOS Children’s Villages International(本部:オーストリア)カウル会長は、子どもが権利の主体であることを明確にした、日本の改正児童福祉法を高く評価する旨の内容を記した書簡を、加藤克信厚生労働大臣に宛て発行しました。

急激な里親家庭養育の推進に危機感を募らせる関係者も多くいますが、わたしたちSOS子どもの村JAPANは、この改正児童福祉法に基づく「新しい社会的養育ビジョン」を評価し、みなさんとともに里親養育を一層推し進めていきます。

加藤厚生労働大臣に宛てた書簡の全文

◆原文(英語)はこちら▶▶からMinister Katsunobu Kato MInistry of Health,Labour and Welfare

◆日本文はこちら▶▶から加藤厚生労働大臣に宛てた書簡