知ることからはじめませんか?「子どもの村草の根カフェ」開催します

 

FullSizeRender-3-661x881

どんな一歩も、まずは知ることからはじまります。
日本ではじめて、福岡に子どもの村ができたのも、家族と暮らせない子どもたちの現状を数名の市民が知ったことからはじまりました。

「虐待された子どもたちについて報道されてはいるけれど、その後子どもたちはどうなるの?」
「里親って言葉は知ってるけど、特別な人たちなんじゃない?」
そんな疑問、考えてみれば、きっとたくさん浮かぶのではないでしょうか。

2月14日(日曜日)の15時から開催する「子どもの村草の根カフェ」は、はじめての方に知っていただくための機会として、継続して開催しているものです。SOS子どもの村JAPANが取り組む活動だけでなく、その背景にある社会課題、日本と世界の社会的養護の現状、子どもたちや家族の現状、里親ってなに?ということまで、できるだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。

当日こんなことをお話します。

①わたしたちが取り組む社会課題
②里親とは?
③数字でみる、日本の社会的養護の現状
④世界からみた、日本の社会的養護の現状
⑤福岡市の里親普及とわたしたちの関係
⑥子どもの村福岡とは
⑦子どもの村の子どもたち
⑧家族が離れて暮らす。その状況を回避するための取り組み。

 

少人数制のイベントで、質疑応答の時間もたっぷり取りますので、ひとつの質問にもより深く回答できます。
お気軽にご参加ください!

***************

開催日時:2/14(日)15:00~17:00
会場:博多エクセルホテル東急
2F レストラン欅 個室リーフ(博多エクセルホテル東急様の社会貢献活動の一環によりスペースの提供を頂いております。)

参加費:無料
定員15名

下記リンク先よりお申込みください。
自動設定にしておりますので、リンク先が切れるまでお申込み可能です。

お申込みフォーム