【子どもの村日記 vol.356 「雪が積もった休日」】

2018.02.15


2月12日の朝、村の庭が一面真っ白な雪に覆われました。

「うわぁ~ぃ、ゆきがいっぱい!」
「たくさんつもっているよ!」
笑顔で家から出てくる子どもたちと育親さん。

早速、雪を丸めて雪合戦が始まりました。\(^o^)/

すると、他の家の子どもたちや育親さんたちも続々と庭に集まってきて、
それぞれ思いのままに雪で遊びだします。


「そり電車出発します!」のかけ声に、乗車した2人組。


猛スピードでそりをひっぱるお姉ちゃんに、幼児たちは大喜び!


丘の上から、「エイッ!」と大きな声を出して雪ボールを投げる男の子。


子どもたちと育親さんが一緒に作ったかわいい雪ダルマ。

子どもも大人も寒さを忘れ、積もった真っ白な雪を思う存分楽しめました\(^o^)/

また、雪が積もるといいなぁ。

ファミリーアシスタント 兵働