SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

最新のお知らせ

【学生インターン活動報告】

2019.03.07

こんにちは。ドットジェイピーの春季学生インターシップの活動が始まりました。
子どもの村での活動を投稿していくので、よろしくお願いします。

福岡女子大学の市来亜美です。
私は子どもや家族の支援、NPOの活動に興味があります。そこで、里親という形で子どもの養育を行ったり困難を抱える子どもと家族への支援を行ったりしているSOS子どもの村でのインターンシップに参加することを決めました。

西南学院大学の栗原です。
私は福祉に関心があるため社会福祉学科に在籍しており、大学で行われる質の高い講義を通して、座学では経験できないことも学びたいと考え、子どもの村のインターンシップに参加することを決めました。

2月20日、職員の方と一緒にSOS子どもの村の支援会員企業のリックス株式会社総務部へ伺い2点程お聞きしました。

Q1.なぜ株式会社が寄付を行うことに決めたのですか。
どの企業も社会貢献をすることは必須だと考えています。また本業以外の社会貢献を通じて多様な付加価値を生み出すことができると思います。また、株主の方からの信頼につながったり、社外での活動に達成感を得るなどのメリットもあります。

Q2.数あるNPOの中でなぜSOS子どもの村を選んだのですか?
担当者が今津の子どもの村福岡を見学したり、社会課題などの調査を通じて他の社員と情報共有しました。何度かミーティングを重ね子どもの村への寄付が実現しました。

今まで実際に企業を訪問しそこで働く方の話を聞く機会がなかったので、貴重な体験となりました。最初は緊張していたのですが、たくさんのことを学ぶことができました。これからも残りのインターン期間で多くのことを学んでいきたいです。

すべての質問が終わったとき、「物作りの楽しさを子どもに教えられたらいい」とおっしゃったのが印象的であったため、今私たちインターン生がお手伝いできることはないかと考えています。

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る