SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

最新のお知らせ

【夏季学生インターンシップ活動報告④】

2018.09.03

こんにちは。西南学院大学人間科学部社会福祉学科一年の石橋葵です。私は大学で社会福祉について学んでいるので講義を通して学ぶ福祉だけでなく実際の現場で働いている人のお話を伺うなどして、現場における福祉についても学びたいと考えました。その中でも近年児童虐待により亡くなる子どもがマスコミで多く取り上げられているため、児童福祉の分野においてどのような支援活動が行われているのかについて関心をもち、SOS子どもの村のインターンシップに参加することに決めました。

この写真はこの度募金箱の設置に協力してくださったHEIRLOOM様のご主人である稲吉さんと私です。稲吉さんは生地や染め方にとてもこだわりを持っていらっしゃってこの写真からも傘の持ち手への工夫、模様の繊細さなどが伝わるのではないでしょうか。

稲吉さんの奥様が子ども支援のボランティア活動によく参加されていて、今回募金箱の設置に協力してくださったと伺いました。稲吉さんも海外と日本の考え方の相違し、発信していくことの大切さを語ってくださいました。

年代の違う方と話す機会はそう多くないのでとても意義深いお話を聞くことができ、勉強になりました。インターンも残り1か月を切り、ここでの貴重な経験をインターン後に活かしていけるように頑張ります。

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る