SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

最新のお知らせ

終了【 9/14(水)16:00~ or 18:45~ 】ビジネスパーソンのための事業説明会開催のお知らせ ~SOS子どもの村事業説明会 for Biz~

2022.08.22

「企業経営者」「CSRのご担当者」「ボランティア活動をしてみたいと検討しているビジネスパーソン」のみなさまに向けた説明会です。

わが国における子どもや家族を取り巻く状況は、統計開始以来過去最多となった「虐待相談対応件数」からもわかるように、ますます厳しさを増しております。このような中、来年度から予定されている「こども家庭庁」の設置や「こども基本法」の施行により、今後の子ども政策について大きな注目が集まっております。

今回の説明会では、「SOS子どもの村JAPANの事業モデル」や「自治体との連携事業や提言活動」、また事業の背景となっている「子どもや家族に関する社会課題」について、できる限りデータ等を用いながらわかりやすくお伝えしたいと思います。

また、企業団体による社会貢献の具体事例や、ビジネスパーソン個人によるボランティアなど、NPOとのかかわり方の「ヒント」にして頂けたら幸いです。
また、SOSインターナショナルにおける海外の具体事例もお伝えしたいと思います。

************************
日時:2022年9月14日(水)
①16:00~17:15(残席わずか)
②18:45~20:00(余裕あり)
方法:オンライン(zoom)
参加費:無料
各回定員:10名

お申込みはコチラ

************************
<当日の内容>
1.法人の概要
2.子どもの社会課題について
3.SOS子どもの村JAPANの具体的な事業内容と活動成果(2021アニュアルレポート)
4.企業との連携事例(SOSインターナショナルにおける、海外事例もお伝えします。)
5.質疑応答
<このような方にお勧めします>
・社会貢献のテーマとして「子ども分野」に関心のある、企業経営者や、CSRのご担当者様
・勤務時間以外(平日夜・土日)に、ボランティア活動をしてみたいと検討しているビジネスパーソン
・起業に関心があり、非営利組織をゼロから立ち上げたプロセスに関心のある方

<SOS子どもの村JAPANとは>
SOS子どもの村JAPANは、1949年にオーストリアで設立された、親のいない、あるいは親の養育を失う恐れのある子どもや若者の支援に焦点を当てた世界最大のNGO、SOS Children‘s Villagesの日本の法人です。
国際NGO SOS Children‘s Villagesは、「子どもの育児放棄」「児童虐待」「遺棄」などの困難を抱えた家族が一緒にいられるように支援する活動を、現地主導により130以上の国や地域で行っています。
日本では、2010年4月に福岡市西区に初めての「子どもの村」が開村し、里親制度を活用した家庭での代替養育のモデルづくりを推進しております。2013年からは地域の家族支援のための相談支援や、子どもショートステイの受入を行い、現在はヤングケアラーの相談窓口を開設しております。
福岡市内での活動実績を広めることにより、わが国における児童福祉政策の実践に貢献したいと考えており、その活動が注目されることで、全国の地方自治体からの行政視察を多く受け入れています。
私たちの活動は、国連の「子どもの権利条約」と「子どもの代替養育に関する国連ガイドライン」を指針としています。

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る