SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

最新のお知らせ

SOS Children’s Villages ウクライナの状況について③

2022.03.28

「どんなに長期化しても滞在します」

2022年3月18日に、SOS子どもの村インターナショナルの、イングリッド・ヨハンセンCEOが、ポーランドとウクライナのスタッフや子どもたちと対面

CEOであるイングリッド・マリア・ヨハンセンは、ポーランド・シエドルチェのSOS子どもの村で、ウクライナから避難してきた子どもたちと養育者と面会しました。この村では、キエフの入所施設から避難してきた23人の子どもたちとその保護者、そしてウクライナに住んでいた2人の里親が暮らしています。SOS子どもの村ポーランドは、戦争初期からウクライナの子どもたちとその養育者を受け入れています。

また、オーストリア、ベルギー、チェコ、ハンガリー、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルーマニアのSOS子どもの村のプログラムでは、紛争から逃れた子どもたちが一時的に家を見つけることができました。ヨハンセン氏は、SOS子どもの村のファミリーアシスタントとスタッフが、ウクライナから来た多くの子どもたちを支援する用意があることを称賛しました。「SOS子どもの村は総力を挙げています」とワルシャワでの最初の訪問でスタッフに語りました。「私たちはあなた方とともにあり、どんなに長くなっても滞在します」。

SOS 子どもの村 ポーランドのアレキサンドラ・グラナダ事務局長は、ヨーロッパ中のSOS 子どもの村が連携してこの危機に対応していることを強調しました。「私たちは国を越えた支援を実感し、この困難な時期に国際的な連盟の一員であることを誇りに思っています。SOS子どもの村ポーランドは、支援を継続する用意があります」と述べました。

長期的な支援
ヨハンセン氏は、ウクライナ戦争への緊急対応と、1949年のSOS子どもの村の設立との間に類似点を見出しました。「第二次世界大戦後、ヘルマン・グマイナーがどのように組織を立ち上げたか、そのルーツに立ち返りながら、私たちの対応は私たちの責任だと考えています」

「私たちは長期的なサポートを提供するためにここにいるのであり、それが組織として最も得意とするところです。」

ヨハンセン氏とスタッフは、施設や寄宿学校から子どもたちを避難させる必要性について議論しました。欧州政府や国際機関は、保護者のいない子どもたちや、戦争から逃れて欧州各地に避難せざるを得ない家族を受け入れ、質の高い養育を提供するためのさらなる方法を見出す必要があります。

ポーランドに移住したウクライナ東部ルハンスク地域のSOS 子どもの村プログラムのディレクターであるリュドミラ・ハルチェンコ氏は、2012年にそこで活動を開始して以来、平和な状況は2年間しかなかったと述べています。2014年にドンバス戦争が始まってからは、戦争や戦争に近い状況の中で活動をしてきたそうです。

“今日の状況は、私たちが2014年に目撃し、生活したものよりもはるかに悪いです。単純に比較にならないほどです。しかし、私たちはまだあきらめていません」と述べ、彼らはまだ活動を続けており、家族が食料や水、生活必需品を購入するためのプログラムを拡大したいと考えていることを明らかにしました。

「ルハンスク州に残った私たちの同僚は、防空壕から仕事を続けています。ルハンスク州には約100人の同僚がいます。2012年当時、私たちは12人の同僚からスタートしました。私たちは成長し、あきらめず、そして今もあきらめません」と彼女は言いました。ヨハンセン氏はシエドルチェ村で、以前SOS 子どもの村 ウクライナが支援した2つの里親と、キエフの入所施設の子どもたちと世話人と面会しました。

里親や施設長からは、苦労話やこれからの課題などが語られました。入所施設の子どもたちの多くは孤児ではないため、実の親との再会が大きな課題として残っています。SOS子どもの村ウクライナの元同僚である入所施設のナタリアさんは、SOS子どもの村ポーランドの迅速な対応による子どもたちの避難・保護に感謝の意を表しています。「子どもたちはここで元気に過ごしています。

2022年3月23日現在、351人のウクライナの子どもたちが避難し、ヨーロッパ各地のSOS子どもの村に保護されています。

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る