SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

最新のお知らせ

【第2回公開研修会 】11/11(日)「幼少期の心の傷と身体の関係 ~レジリエンスに繋げるには~」

2018.09.27

<平成30年度独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業>

不適切な養育などにより受けた”心の傷”は、「眠れない」「食欲が出ない」「頭が痛い」などの体への影響や、「こわい場面を思い出してしまう」「気持ちを感じない」「イライラしやすい」などの心への影響、「学校に行けない」「やる気が出ない」「特定の場所へ行くことを避ける」など行動への影響を与えます。

みなさんの周りにはこのような子どもはいませんか?これらの負の影響により、子どもたちは日常生活の中で不調を起こしやすく、周りにいる人からは「困った行動」に見えることもあります。

しかし一方で、子どもたちは「レジリエンス」も持っています。レジリエンスは「反発力」「弾力性」を示す言葉で、精神医学や心理学では「困難に負けない、しなやなか強さ」「立ち直る力」と言った意味で使われています。

子どもたちを支援するうえでこの「レジリエンス」を支えていくことが大切ですが、心の傷による負の影響を「レジリエンス」に繋ぐためにはどのような支援が求められるのでしょうか。

今回は、幼少期の心の傷が身体に与える影響や、レジリエンスに繋げていくことの重要性を、安元先生がわかりやすく講義します。

このような方は、ぜひご参加ください。
お申込みはこちら

「幼少期の心の傷と身体の関係 ~レジリエンスに繋げるには~」

講師:安元佐和
福岡大学医学部医学教育推進講座 主任教授・小児科医
日時:11月11日(日)13:30~16:00(受付開始:13:00)
場所:福岡市こども総合相談センター7F(福岡市中央区地行浜2-1-28)
※会場の駐車場はご利用できません。公共交通機関をご利用下さい。
定 員:50名
受講料:1,000円(学生、支援会員・マンスリー支援会員は無料)
託 児:1人500円 ※託児の申込締切は、11/2(金)です。

詳しい内容はこちらから(PDFが開きます)
お申込みはこちら
◆ メールでお申し込みの際には、件名に「公開研修参加申し込み」とご記入ください。

【お問合せ先】
特定非営利活動法人SOS子どもの村JAPAN 事務局(担当:ハネダ、ヒラハラ)
Tel:092-737-8655
Fax:092-737-8665
E-mail:senmon★sosjapan.org (★の部分を@に替えてお申込みください)

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る