SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

最新のお知らせ

【8月27日(土)13:30~16:30】当団体理事と育親スタッフがイベントに登壇いたします。

2022.07.29

第36回『フォーラム 新しい絆』に当団体理事の田北雅裕と、
子どもの村福岡 育親の松島が登壇いたします!

【 フォーラム 新しい絆 とは 】

<家族と暮らせない子どもたちに里親家庭を>の願いを共有した市民と、
福岡市との共同事業「新しい絆プロジェクト」の一環として年2回、開催しています。

「ファミリーシップふくおか」の開催により「家族と暮らせない子どもたち」の現状が認識され、
大きな課題があることも広く知られるようになりました。

「ファミリーシップふくおか」の活動は、2005年から定期的な開催を行い、
いまの活動につながっています。

「ファミリーシップふくおか」の活動が始まった頃、SOS キンダードルフに関する情報がもたらされ、
「ファミリーシップふくおか」の初代代表である故 満留昭久福岡大学医学部名誉教授(当時)を中心に、
子どもの村を福岡に設立する構想の機運が盛り上がり、SOS子どもの村が福岡に設立されるきっかけとなりました。

子どもの村福岡(現、SOS子どもの村JAPAN)の初代理事長となった、
故 満留昭久先生の役割は、現在、SOS子どもの村JAPANの理事 田北雅裕さん(九州大学講師)に受け継がれています。

このような市民・行政の活動の積み重ねにより、
福岡市では社会的養護の子どものうち、里親家庭で暮らす子どもの割合は60%近い数字となりました。
施設から家庭への転換が国際的に進められている中で、
福岡市のこれまでの取り組みや経験が全国的に注目をされています。

《 第一部 》
はじめに < ファミリーシップ >から広がる、あたりまえの暮らし
田北雅裕(九州大学講師/SOS子どもの村JAPAN理事)

トークセッション 4人の里親さんが語る、里親家庭での暮らし
コーディネーター:重永侑紀(子どもNPOセンター福岡 代表)
ゲスト:福岡市の4人の里親さん

《 第二部 》
知りたい里親のこと、聞いてみたい里親のこと
~里親さんと語る「本音トーク」~

【 開催概要 】
日時:2022年8月27日(土)13:30~16:30
会場:福岡市西市民センター 視聴覚室(定員60名)
福岡市西区内浜1-4-39
※コロナウイルスの感染状況によってはオンライン開催となる場合もございます。
※託児も承ります。ご希望の方はあらかじめお申込みください。

【 参加費 】

無料

【 お申込み方法 】
フォームからのお申込み、またはメールにて
必要事項を記載の上、info@npoccf.jp宛にお送りください。

《 フォーム記入方法 》
こちらよりご登録いただけます。
お申込みはこちら

《 メール必要事項 》
・お名前
・お名前のふりがな
・ご住所
※郵便番号からご記入ください。
・メールアドレス
・所属
※託児希望の場合
∟お子さんのお名前、ご年齢
・今後、フォーラムのお知らせを希望 する ・ しない
※ご回答をメールにてお知らせください。

《 申し込み期限 》
8月19日(金)までにお申し込みください

====================================

【 最新の活動報告をメールマガジンでお届け! 】

◆SOS子どもの村JAPANメールマガジン登録フォーム
メールマガジンの登録はこちらから

\ メールマガジンをもっと手軽に! /
ご自身のLINEでも、SOS子どもの村JAPANの活動や、
最新のおしらせをご案内いたします!

◆LINE official account登録
LINE official accountの登録はこちらから

 

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る