SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

最新のお知らせ

【第3回公開研修会 報告】

2021.03.16

2月27日(土)
「新型コロナと子どもの権利~子ども・若者を孤立させない社会をめざして~」
テーマに、第3回目のオンライン公開研修会を行いました。
今回は、社会的養護を経験した当事者による活動を行っているIFCA(イフカ:International Foster Care Alliance)とのコラボレート企画でした。当事者ユース(若者)と、サポーティブアダルト(支援する大人)の永野さんにお話しをしていただきました。
第Ⅰ部では、IFCAが調査した、施設や里親、一時保護などの社会的養護を経験した若者が新型コロナの感染拡大に、どんな影響を受けたのか、その結果を報告いただき、調査をふまえた6つの提言を通して、このような非常事態時にも守られるべき子どもの権利について学びました。
調査結果の数値から見えることに加え、当事者の生の声を聴き、参加された方たちから、
“実際どこにしわ寄せがいっているのか、実感を持って理解することができました。
”“社会的養護を経験した子どもや若者達の自立について、経済的精神的に支援が必要な現状がよく分かり大変勉強になりました。”

との感想をいただきました。
今年度の公開研修会はこれで終了いたしました。たくさんのご参加、ありがとうございました!
来年度については、また告知しますのでHPをご覧いただけると嬉しいです。
IFCA(イフカ)について:IFCA – インターナショナル・フォスターケア・アライアンス

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る