SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

最新のお知らせ

SOSオンラインコミュニティに参加しませんか?

2020.07.08

オンライン上のボランティアコミュニティに参加して、NPOの広報などに携わってみませんか?
今、子どもや家族を取り巻く環境は厳しさを増しています。SOS子どもの村JAPANの活動を通じて「子ども」や「家族支援」の状況を知り、福祉が初めての方に向けてオンラインセミナーを一緒に企画運営してみませんか?

あなたの伝える”チカラ”で、福祉領域のことを、より多くの方に知っていただくことで少しずつ社会が変わっていきます。オンラインコミュニティは、福祉が初めての方が中心になって集まり「オンラインセミナーの企画運営」することが目的です。

「福祉が初めての方」が企画するということが重要で、職員や福祉で活躍されている方とは違い、日常の生活目線で捉えることで、より多くの方が「自分ごと化」しやすいのでないかと考えています。多くの方が、「自分ごと化」することで、「社会課題」と呼ばれていることが地域社会のチカラに吸収されていって欲しいという思いです。

福祉のことはよくわからないけど「パソコン、SNS、デザイン、ビジネススキルなどの、得意なことを生かせるかも」「あまり得意なことはないけど運営などのサポートなら」「馴染みのない福祉領域をインプットして、自分の言葉でアウトプットしてみたい」「仕事以外のやりがいを探したい」「とにかくオンライン上で誰かにつながりたい」など、主体的に少し踏み出してみたという方、思い切って参加してみませんか?

3月までは、福岡市の事務所に15名の方が実際に集まって「広報ボランティア」として活躍されていました。今後は、オンライン上で運営するので全国各地から参加頂けます。多くの方の参加をお待ちしています。

///////////////////////////////////////////////////////////////////
【入会までの流れ】

SOSオンラインセミナー一般公開研修会に参加(必須)

②申込フォームで受付 ⇒コチラから

zoomによるオンライン面談(1:1 もしくはグループ) ⇒この時に質問なども受け付けます

④入会:プラットフォーム(slack)にご招待

zoomや、slackといったオンラインツールを使用しますので、参加時までにはアカウントを取得(無料)してください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////
【入会後の活動】

①プラットフォーム内でセミナーの企画が立ち上がります
⇒職員、もしくはコミュニティメンバーが、企画をslackにアップロードします
テーマ例) 子どもの村福岡について / 里親制度について考えてみよう!/ コロナ禍の課題 /in English など

②企画内でスタッフ募集があるので、日程や募集内容をご覧になり都合の良いときだけ参加してください
例)6名募集 事前準備として、コンテンツづくり、パワーポイント作成など 当日スタッフとして、司会、受付、スピーカー、テクニカルサポート等

③オンライン上でミーティング実施(zoom もしくは slack)

④本番開催

⑤全メンバーにて振り返りミーティング

入会後、他の方が立ち上げた企画にスタッフとして応募することも、ご自身が企画を立ち上げることもできます。企画から本番まで1.5~2.0ヶ月程度の期間ですので、関心のポイントや、自分のタイミングで活動してください。スタッフとして参加していない期間も、プラットフォーム内での他メンバーのやりとりや、チャネル内などにアップロードされた資料などでインプットの時間などに充ててください。

また様々な理由で退会したくなった際も、自由に退会可能です。

申込フォームで受付 ⇒コチラから

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る