SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2022.04.20

【子どもの村日記 Vol.523 「入学式」】

4月は進級と進学のシーズン。

今年は、2つの育親家庭で小学校入学を迎えました。

入学に向けて、子どもたちは育親さんと一緒にランドセルを始め
文房具や体操服など物の準備。
そして、一人で安全に登下校するための練習。
入学する日を心待ちにしていました。

入学式前日に小雨が振っていたので空を見上げて
「あしたもあめかな?」と心配そうな顔。

「どうかな?晴れるといいね!」
と声をかけて翌日を迎えました。

 

当日。
ピーカンではなかったけれど雨ではなく、
子どもたちのがっかりした顔をみなくて

良かったとホッとしました。

綺麗なよそ行きの服に身をつつみ、
表情もどこか誇らしげな子どもたち。

自分と同じくらいの大きなランドセルを背負って歩いていく後ろ姿を見ながら、
小学校生活を思いっきり楽しんでほしいなと思いました。

そして次の日の初登校日。

早々と準備を済ませ、
登校予定時間より30分前から
「まだ?もう行っていい?」「まだ早すぎるよ」の会話を
何度繰り返したか。
気もそぞろの子どもたち。
やっと出掛ける時間になり、元気に登校していきました♪

 

ファミリーアシスタント 湯地

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る