SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2021.03.20

【子どもの村日記 Vol.486「春のお土産!」】

天気の良い午後、宿題を終えた兄が外へ。
しばらくすると、先に遊んでいた年長さんの弟を連れて「ただいまあ!」と帰ってきました。
手に袋いっぱいのお土産、『春』を抱えて。
顔は満面の笑み!中身はつくしです。このつくしの量にお家に居た子どもたちも興奮気味、

「みんなできょうりょく!、きょうりょくよね~」と、はかまとりが始まりました。
あっという間につくしの山はどんどん小さく。
自然と発せられた『きょうりょく』という言葉に心が温まった瞬間でした。

ファミリーアシスタント 大塚

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る