SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2020.07.11

子どもの村日記 Vol.460「地域の方々に感謝!」

午前中に村の前に借りている畑の草刈りをしていると、畑の地主さんが、
夕方、「鋤きに来るから、わかるようにしとかんね」~と。
大きな耕耘機で畑に見えられた地主さんに、耕していただきたい場所をお伝えしていると、
今度は、いつも村にお越しくださり、私たちを和ませていただく方より、
「玉ねぎの後は何を植えるとね~」と声が掛かりました。

子どもたちは、「うんとこどっこいしょ」、と玉ねぎを引きあげようとしています。
しっかり根を張った玉ねぎに3歳の男の子が苦戦、隣のお家の小2さんは
困っていた小さな手に自分のスコップを貸してくれました。
その優しさに、「ありがと」とにっこり。
子どもたちの帰宅後、そのご近所の方と、畝立て、マルチ掛けをして、畑が再生。
翌日にはお持ちくださったサツマイモの苗を子どもたちと一緒に植えました。
子どもたちに、「隣の畑には何を植える?」と訊ねると、「スイカ!」
夏にはスイカ、秋にはサツマイモ、楽しみです。

子どもたちの笑顔のために、村が今津にとけこめるように、
開村前からの変わらぬご支援ありがとうございます。

ファミリーアシスタント 大塚

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る