SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2020.07.01

子どもの村日記 Vol.459「小さな訪問者」

子どもの村のショートステイ専用棟に、
とってもとっても小さなお客さま(?)がやってきました。

「入口になんかおるよ!!」と子どもが何かを見つけました。
みんなで玄関に集まる子どもたち。
「なんで入ってきたと?」
「どこからきたと?」

そのお客さまとは・・・

バッタの赤ちゃん(幼虫)でした。
みんなで話をしているうちに、赤ちゃんバッタはどこかへ隠れてしまいました。

子どもたちはたくさんの自然と共に、四季を感じながら生活しています。
バッタの赤ちゃんも、子どもたちも、
みんな、みーんな、大きくなあれ!!

ファミリーアシスタント 太田

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る