SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2020.05.05

子どもの村日記 Vol.453「すべての子どもに愛ある家庭を」

~ 開村10周年を迎えて ~
 2010年4月24日、国際本部アジア事務局長、厚生労働省、福岡市長、自治協議会長をはじめ、多くの支援者の参加のもとに「子どもの村福岡」は開村しました。
 当日は、青空に鯉のぼりが泳ぎ、周りの畑や草むらには、キンポウゲが咲き乱れ、ひばりが空高く舞い上がり、村の出発を祝っていました。
 10周年を迎えて、同じように今年も、キンポウゲが咲き乱れ、鯉のぼりが泳いでいます。
 

 新型コロナの猛威の中で、予定していた感謝の会は、中止せざるを得ませんでしたが、この10年間の皆さまのご支援に心から感謝します。
 これからも「家族と暮らす子どもの権利尊重」を基本に、次の10年に向けて、子どもたちを育てていきます。

SOS子どもの村JAPAN 常務理事 坂本雅子

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る