SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2019.07.22

子どもの村日記 Vol.426「セミとトンボ」

梅雨の晴れ間、子どもたちは外を元気に走り回り
ふと気づけば、セミも元気に鳴いています。

外で遊んでいると沢山のトンボが目の前を飛びまわり、急いで家に戻る子どもたち。
そして笑顔で帰って来た手には・・・網と虫かご!

以前、育親さんから「じっと待ってトンボが来たら網でサッと捕る」と
トンボの捕まえ方を教えて貰っていたはずですが・・・
じっとなんてしていられません!走り回ってトンボを追いかけます。

素早く動くトンボを何とか捕まえられた時の満面の笑顔!!

そして、スタッフに捕まえてもらったセミも一緒にさっそく図鑑で種類を調べる子どもたち。

 

夏休みも始まり、これから真っ黒に日焼けして
夏を思いっきり楽しむでしょう。楽しみです。
 
                 ファミリーアシスタント 堀田

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る