SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2019.07.02

子どもの村日記 Vol.424「お野菜、だーい好き!」

子どもたちと畑の前を散歩していると、野菜の出荷を終えた地域の方が
「ちょっと待って、きゅうり、食べる?」、「ピーマン、好き」
と気さくに子どもたちに話しかけてくださいます。そして、「うん!」という
子どもたちの返事に、取れたての野菜を持たせてくださいます。
また、時には子どもたちを見つけて畑から手招きをされ、行ってみると
持ちきれないほどの野菜を頂いたり、さらに車で届けてくださることもあります。

収穫の時期には、子どもたちはジャガイモを掘り上げたり、人参をひいたり、
にんにくの皮をむくことも体験しています。おかげで子どもたちは、どんな風に
野菜が育っているのか?実がなるのか?を生活の中で覚えていきます。

小2の男の子は、葉っぱを見て何の野菜かを当てることもできます。
地域の皆様のご厚意のおかげで、食卓には畑直送の旬の野菜があふれ、
おかげで子どもたちは野菜が大好きです。きゅうりはサラダや酢の物、
玉ねぎはお味噌汁や肉じゃが、ジャガイモはカレーやサラダに、
トマトはそのままで「あまーい」とにっこり。今日はどんなの料理になるのかな?

                    ファミリーアシスタント 大塚

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る