SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2019.04.20

子どもの村日記 Vol.416「新学期が始まって・・・」

ある朝、「行ってきまーす!」と、元気な声で学校に出発した小学生たち。

バタバタと準備して子どもたちを送り出してほっとした育親さん。
「さぁ、次は幼稚園組の登園準備だ!」と、つぶやいていると・・・

「ただいま~!学校いきたくな~い!」
登校したはずの新入生たちがなぜか・・・帰ってきました?!
すると、直ぐに一緒に登校しているお兄ちゃんたちが迎えに来てくれて、
「今日の給食は、からあげだよ。おいしいよ。」
新入生の興味を引き出しながら、
「さぁ、学校にいっしょに行こうよ。」
優しく誘ってくれたので、ぐずることもなく2度目の
「行ってきまーす!」の挨拶をして、登校して行きました。

新しい学校での生活にはまだ慣れないけれど、優しく頼もしいお兄ちゃんたちがいるから、安心かなぁ。
今では新入生に優しいお兄ちゃんも、去年の今頃は面倒見の良いお兄ちゃん、お姉ちゃんたちからよく助けてもらっていました。
優しさが受け継がれていること、そしてその子の成長も見ることができて、ほっこりした気持ちの朝になりました。

ファミリーアシスタント 兵働

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る