SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2019.03.21

子どもの村日記 Vol.412「卒業式」

卒業の日。
卒業を祝うかのように澄みわたる青空の中
6年生たちは、村から最後の登校をしました。

大きなランドセルを背負っていた子どもたちが
身も心も大きくなって歩いていく姿に、
見送る大人たちはそれぞれの想いを胸に抱いていました。

小学校での6年間、先生方や地域の方に見守られ、
学年問わずたくさんの友だちと遊び、けんかをし、
色々な経験をしたことが、子どもたちの宝になっていることでしょう。

どの部活に入るか、制服のこと、「先輩には敬語を使わないかんと!」
など、子どもたちの心はもう中学への期待で膨らんでいます。
これからの希望を胸に、大きく羽ばたいてね!

ファミリーアシスタント 堀田

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る