SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2019.03.15

子どもの村日記 Vol.411「卒園、卒業」

年が明けてから、「1月は行く」「2月は逃げる」「3月は去る」の言葉通り、
月日が経つのは早いなぁと思っていたら、もう卒園、卒業式の時期となりました。

卒園を迎える子どもは、卒園式で発表するセリフを家の中でよく練習しています。
「お父さん、ぼくのだいすきなおかずをたくさん作ってくれてありがとう!」
と最高の笑顔で話しているのを耳にします。
また、友だちのあいさつ文も覚えていて教えてくれます。

数年前、緊張した顔で育親さんの手をしっかりと握って、恥ずかしそうに入園式に
参加していた子どもの成長に驚き感動しました。

また、小学生の子どもたちはどんな思いを抱きながら、卒業式を迎えるのかなぁ。

4月からは新入生として新しい出発です!どんなことが起こるかなぁ。
いろんな体験を子どもたちには楽しんで欲しいです。

ファミリーアシスタント兵働

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る