SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2019.02.27

子どもの村日記 Vol.409「鬼が履いていったサンダル」

夕方5時、子どもたちは家に帰ってきます。
子どもたちは、「ただいまーーー」と元気にお父さんに声をかけながら、
「きょう、ぼくね、犬に会ったよ」、「きょう、ぼくはね、小学校でウサギをみたよ」
と次々に報告します。
その日は、お父さんからのお話でした、
「ねえ、みんな、豆まきの日に鬼さんがお父さんのサンダルを履いていったでしょ。
さっき、福の神さんが来て、お父さんのサンダル持ってきてくれたよ。だから、
豆まきのお豆を福の神さんにあげたよ!」

みなさまご安心下さい、お父さんのサンダルは戻ってきました。
子どもたちも
「お父さん、よかったね!ぼくも福の神さんに会いたかったぁ!」
と、嬉しそうにしていました。

ファミリーアシスタント 大塚

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る