SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2019.01.17

子どもの村日記 Vol.403「今年もやって来たよ‼」

1月13日、今津地域の伝統行事である十一日祭りが行われました。

前日、幼い子どもたちは、「お家にお祭りがやって来る‼」と、
神輿を担ぐ青年たちと山車を引っ張ってくる小学生たちの訪問を楽しみにしていました。

当日は、「まだかな~?まだ、こないね。」とそわそわしながら、待っていると・・・
神輿を担いだ青年たちが、「祝(いお)うた~、祝(いお)うた~!」
と言いながら、走って村にやってきました。

「来た!」と喜びながら、慌てて家に入り、育親さんとお迎えの準備を始めます。

次に小学生の山車が着くと、お兄ちゃん、お姉ちゃんの後を追いながら、「いおうた~」
と言いながら村の家々を回り、お菓子をもらって大満足な子どもたち。
 
山車を引っ張った子どもたちは、小さい子どもたちのお世話をしながら、雨の中でもたくましく
「いおうた~!」と大きな声で挨拶しながら各戸を訪問していたそうです。

今年初めて参加したスタッフたちは、伝統を重んじ、次世代へ受け継がれてきた歴史と
地域ぐるみで子どもたちを見守る温かさと歓迎に感動したとのことでした。

子どもから大人まで、それぞれの役割を協力しながら果たし、楽しい1日となりました♪

ファミリーアシスタント 兵働

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る