SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2018.08.31

【子どもの村日記 vol.383「2018年の夏企画は・・・」】

台風が多い今年の夏休みです。
子どもたちが小さかった頃は、みんなで一緒によく遊びに行ったりしました。
そして子どもたちの成長と共に習い事や学校・地域の行事等で何かと忙しくなってきて、一緒に出かける日を見つけるのが年々難しくなってきました。
そこで、今年はみんなができるだけ参加できるような計画を立てました。
ところが、残念な事に台風のために村の外へのお出かけは中止です。
子どもたちがお出かけをとても楽しみにしていたので、予定していた「たまごホール」での夕食は実行することになりました♪

早速、育親さんたちから話を聞いた子どもたちは、
「今日ね、ぼくたちの家は、たまごホールで夕ご飯食べるんだよ~。いいでしょう!」
と得意気に他の家の子どもたちに話します。
「えー!ぼくんちもだよ!」
「じゃあ、みんなでいっしょに食べるの?やったー!!」と、大はしゃぎ。

そして、スタッフと一緒に買い物に行った小学生たちは、車の中で夏休みの体験をずーっと話し続けるほどの大興奮。

新鮮でおいしそうなにぎり寿司、巻き寿司やいろんな種類のピザ、今が旬のぶどうとメロンのごちそう、何よりもみんなと一緒に過ごせることが嬉しい子どもたちは、終始笑顔でおしゃべりが尽きません。
 

悪天候でお出かけは出来なかったけど、久しぶりに村のみんなで楽しい一時を過ごせて嬉しかったです。また、みんなで楽しいことを一緒にしていきたいなぁ。

ファミリーアシスタント兵働

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る