リフレッシュキャンプ応援団・サポーター募集!(目標達成しました)

2014.07.19

ニュース

img3

子どもを自分の家庭に迎え入れ、育てている里親さんは、24時間、子どもとのより良い関係づくり、より良い養育をめざして、日々の生活はもとより、自主的に研修会に参加するなどし、さまざまな努力をされています。リフレッシュキャンプは、新しい里親・里子支援として昨年からはじまりました。

24 時間365 日子どもたちと向き合う里親さんにはひと時の休息と里親仲間との交流の時間を、里子さんたちには心から楽しみ、他者と安心してつながりあえる遊びプログラムを提供します。そして、参加する里親家族のリフレッシュを市民サポーターが支えます。

このプログラムの大きな特徴は、子どもの主体性を徹底して尊重していく「子どもプログラム」があることです。里親・里子支援としてはじまったキャンプですが、昨年のサポーターさんたちからは、「自分たちの方がエネルギーをもらった」「心から楽しかった」「里親家族と実際に交流できて勉強になった」「自分自身を振返る機会になった」など、自分たちのためになったという声をたくさんいただきました。

今回は、ボランティアサポーターの移動費やセミナー費用を応援してくださる方を募集します。このリフレッシュキャンプ応援団募集の活動も、これまで里親・里子の問題を知ることのなかった多くの皆さまに知っていただく機会にもなっていきます。キャンプの準備、サポーター募集、応援団募集、当日のキャンプ、すべての取り組みが、社会全体で家族と暮せない子どもを育む地域づくり(人づくり)につながっていくと考えています。

詳細はこちら

また、6月22日、新しい里親・里子支援として昨年から取り組んでいる夏のリフレッシュキャンプに向けて、キックオフセミナーを開催し、意欲的な24名のサポーターが参加しました。このキャンプの成功は、サポーター同士がいかに安心できる関係を築けるのかが重要です。大人の良好な関係性が、子どもたちが安心して遊べるための枠組みになっていきます。

次回のキックオフセミナーは、7月6日(日)9:30-16:00です。関心のある方、ぜひご参加ください。

サポーター募集の詳細はこちら