【子どもの村日記 vol.299 「十一日祭り」】

2017.01.12

1月9日、今津では「十一日祭り」が行われました。
十一日祭りは、毎年、成人の日に行われる地域の行事です。

青年たちが神輿を担いで町内を練り歩き、
「祝(いお)うた~祝(いお)うた~」の挨拶とともに、家々に年始回りを行います。
子どもたちは、山車曳きの歌を唄いながら各戸訪ね、お菓子などをもらって回ります。

村の子どもたちは「早く9日にならんかなぁ」とワクワク!!
前日には「歌覚えたよ~!」と歌ってくれていました。
子どもの村の各家庭やセンターハウスでも、玄関に飾る笹飾りや
酒、料理、お菓子などを準備して祭りに備えました。

①

しかし当日は風が強く寒かったうえ、10km以上練り歩いて、ちょっぴり疲れてしまった子どもたち…
それでも村が近づくと元気に歌い、走って各家に飛び込んで行き「いおうた~いおうた~」と挨拶。
楽しみにしていたお菓子をもらって、最後はとても満足した様子でした。

② ➂

地域の行事に参加し、伝統行事に触れる事ができた子どもたちは、
よい一日を過ごすことができたようです♪

ファミリーアシスタント 堀田