「第4回エクセレントNPO大賞」で大賞受賞!

2016.12.16

ニュース

社会の課題解決に取り組むNPOを顕彰する「第4回エクセレントNPO大賞」で、
SOS子どもの村JAPANが課題解決力賞ならびに大賞を受賞しました。
12月15日に東京で表彰式が行われ、理事長と職員が出席しました。
4回目を迎えた今年は、全国の66団体から応募があり、一次審査(審査員)、二次審査(クラウドファンディング)、
最終審査を経て、「課題解決力賞」「組織力賞」「市民賞」の3部門に15団体がノミネートされていました。

私たちSOS子どもの村JAPANは、「課題解決力賞」の部門で5団体のうちの一つにノミネートされ、
受賞しました。そして、各部門の受賞団体のなかから今回の「エクセレントNPO大賞」に選んで頂きました。

講評として、「子どもの成長と里親制度の普及という2つの大きな目的について、
具体的なアウトカム目標を設けて取り組んでいるところなど、課題解決力についても、
総合力においても文句なし。市民性としても、支援会員やボランティアの方々などから
広く支持を集めている点が良い」との高い評価を頂きました。

エクセレントNPOは、非営利組織セクターに質的競争をもたらし、「市民性」「社会変革性」「組織安定性」の
三つの基本条件とする組織評価を「エクセレントNPO評価基準」としてまとめ、その内容が公開されています。

エクセレントNPOの評価基準

私たちとしても学びが多く、大賞受賞が新たなスタートラインになりそうです。
受賞を励みに、これからも日本の子どもたちのために充実した活動に取り組むべく精進して参ります。
変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

02 03