【子どもの村日記 vol.353 「お留守番」】

2018.01.24

寒い、寒い、寒い~!!
この冬は本当に寒いです。
鳥もそう思っているのでしょうか?センターハウスの梁の上でひと休みです。

村の子どもたちも、こんな毎日だとちょっぴり外で遊ぶ回数も減ったかな?
いや、そうでもないか!

その日、ある家では、1番上のお兄ちゃんが育親さんと買い物に出掛けました。
2番目のお兄ちゃんと下の弟くんは、私といっしょに家でお留守番です。
その間、2人の遊びは 電車ごっこ?バスごっこ? です。
私が洗濯物を片付けているうちに、いつのまにかほんの少しの狭いスペースに
椅子をうまく並べて車両を完成させていました。

「バックしま~す!」
「次は階段駅~。降りる人はいませんか~!」
「いませ~ん!」
「しゅっぱ~つ!」
「すわって~!」

強制的に私もお客さん役です(笑)。

まだまだこの寒さは続くのかな~。
子どもたちのすてきな創造力を楽しみながら、暖かい春を待ちたいと思います。

ファミリーアシスタント 殿崎