【子どもの村日記 vol.348 「帰り道」】

2017.12.13

 

ぽかぽか陽気のとても良いお天気の日。
今日は育親さんに代わって小学校へお迎えです。

私の顔を見ると「ただいま!」
私も「おかえり!」
先生と「さようなら!」「ありがとうございました!」

そこから2人で家までの道のりを、のんびりテクテクと歩いて帰ります。
校庭の柿の木には、たくさんの熟れた実が☆
そのオレンジ色が青空に映えて思わず顔がほころびます。

校門を出て少し歩くと、信号機付きの横断歩道にやってきます。
彼は信号機のボタンを、「ポン!」

またまた少し歩くと、今度は大好きな 犬のマルちゃん にご挨拶。
「マ~ルちゃん!」
しかし、マルちゃんの反応は薄かった!「ショボン・・・」

帰宅の道すがら、ブロッコリ畑の横を通りました。
畑とその後ろに見える毘沙門山を写真に撮ってみると
「ふふふっ!」
思いがけず彼と私の2ショットが写っていました。
これまた心がほっこりした瞬間でした♪♪

ファミリーアシスタント  殿崎