【子どもの村日記 vol.342 「お食事会」】

2017.11.04

10月28日はボランティアの方々とバーベキュー交流会が開催される予定でした。
毎年この時期にボランティアの方が計画から準備、片付けまでして頂き、
楽しい時間を過ごさせて頂いているのですが・・・
今年は台風が接近しているとのことで、予報は雨。
泣く泣く中止となりました。

子どもたちはもちろんスタッフも楽しみにしていたのに・・
どうしてこのタイミングで台風が~
とがっかりしていると、一人のスタッフが食事会を提案!
子どもたちとスタッフでお昼ご飯を作り、育親さんたちとのお食事会です。

メニューはおにぎり・やきそば・ウィンナー・卵焼き・サラダ。
小さな子どもたちはレタスをちぎったり、
ナイフを慎重に握りウィンナー、ピーマンを切ってお手伝い。

小学生以上の子どもたちは
焼きそばを作る人、卵焼きを作る人、それぞれに分かれて
おしゃべりをしながら楽しくお料理です。
高校生のお兄さんは下の子に「野菜から汁が出てくるけんそれがなくなるまで炒めらなよ」
とアドバイス。

卵焼きが得意な男の子は「上手やね~」と言われる度に
「簡単よ!誰でもできるやろ」と、器用に卵を巻いていきます。
でも、卵焼きって簡単なようでなかなかうまくできないですよね。
「たまごわる!」と女の子が卵片手に横でじっと待っていました。

おにぎり作りを覗くと手に着いた米粒や何故かご飯を小さなお椀に入れてぱくぱく!
皆それぞれにクッキングを楽しみました。
お食事会のセッティングは小学生が中心にテキパキと動いてくれました。
さすが高学年となれば足りないものや必要なものを自分たちで考え用意してくれます。
美味しく楽しい時間をみんなで過ごす事ができました。

来年のバーベキューは晴れますように☆

ファミリーアシスタント  堀田