SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2018.06.28

【子どもの村日記 vol.375 「お庭でキャンプ♪」】

天気の良い週末、ある家の庭にテントが張ってありました。

大きなテントは子どもたちに大人気♪
午前中は、お茶会や好きな本を持ってきて読む女の子たちの憩いの場として、
午後からは、男の子たちのキャンプごっこの遊び場に。
楽しそうな声がテントから聞こえてきたのでのぞいてみると、テントの中から男の子が顔を出して得意気な声で、
「この中に、入っていいよ!気持ちいいよ!」と、スタッフも誘ってくれます。
テントの中では、大人も眠れるサイズの椅子の上と下で、嬉しそうにごろんとねっころがる子どもたち。

しばらくすると、「おなかすいたね~。ごはんをつくろうか?」と、1人の子が他の子どもたちにたずねます。
「うん!つくる!つくる!」とはしゃぐ子どもたち。
それを聞いていた育親さんは、外遊び用のまな板や包丁をもってきて、それから庭の草を抜きながら、
「ほらぁ、美味しそうなお野菜がいっぱいあるよ。」と、子どもたちに渡します。
草野菜を手にもって、嬉しそうに包丁でカットするこどもたち。
 

それを見たお兄ちゃんは、たくさんの庭の草花を摘んで料理する子どもに渡します。
遊びを通して、役割分担の力や優しさが育まれていきます。

夜になると、テントの前にライトをつけて夕食準備をする家族の姿が見えたので、
仕事帰りに立ち寄ってみると、一緒にどうぞと誘われて参加させてもらいました♪
星や月の綺麗な夜空の中での、美味しい夕食と温かい家族団らんタイム。
夕食後は、テントの中で素敵なプラネタリウムを子どもたちが見せてくれました。
 

庭のテントをみんなで満喫できて、家庭で過ごす豊かさを体験した1日となりました。

ファミリーアシスタント 兵働

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る