SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2018.05.16

【子どもの村日記 vol.369 「学校帰り」】

ある晴れた日、学校まで男の子を迎えに行きました。
今の時期はいろいろな花が咲いています。校門のそばにあるガザニアもきれいです。
 

男の子を待っているとき、名前を知らない素敵な花を見つけて写真を「カシャ!!」
後でその花の名前を先生が教えてくださいました。「シラン(紫蘭)」だそうです。
知 ら ん か っ た ぁ(笑)

先生と「さようなら」をして歩き出すと、「ちょっと遊ぶ~!」と言って、近くにあった遊具に「スルスル~」っとあっという間に登ってしまいました。
「高いでしょ~」「すごいやろ~」と言う彼の言葉を聞きながら、心の中では『う~ん、少し帰るのが遅くなるなあ・・。でも、今日は普段より下校時刻が早いからいいかぁ・・』などと思っています。
 

学校を出てからも川の魚を見たり、葉っぱを「パラパラ~」と飛ばしたり・・・。
途中で『意外と私も一緒に楽しんでるなぁ~』と気が付いて笑ってしまいました。

日々の何気ない事を楽しめるって幸せですよね。
これからもこんな幸せをいっぱい感じられますように♪♪と思ったひとときでした。

ファミリーアシスタント 殿崎

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る