SOS子どもの村JAPAN|SOS CHILDREN’S VILLAGES JAPAN

MENU

子どもの村日記

2018.05.09

【子どもの村日記 vol.368 「藤籠り」】

毎年5月4日、地域の氏神様をお祀りする四所神社で「藤籠り」が行なわれます。
地元では「四所宮」と呼ばれ、目の前の今津干潟はカブトガニの産卵地でもあります。
また、鎮守の杜は、年輪を重ねた大楠などが枝を広げ、厳かな雰囲気があります。

神事が始まると、子どもたちは静かに、そして興味深く神事に見入っていました。
時々、神主さんが手を叩く真似をしたりもして!
最後は子どもたち一人ひとりに丁寧に作法を教えて頂きながら玉串をお供えしました。
始めは戸惑っていた子どもたちも、ニコニコで振り返ってご満悦でした。

神事の後は、地域の方々とお神酒を頂き、持ち寄ったお弁当を一緒に食べました。

ファミリーアシスタント 堀田

SHARE

  • FacebookでシェアするFacebookでシェアする
  • TwitterでシェアするTwitterでシェアする

ページの先頭へ戻る