ご挨拶

理事長 福重 淳一郎

福重 淳一郎

 「SOS子どもの村JAPAN」は、去る6月23日にインスブルック(オーストリア)で開催された「SOS子どもの村インターナショナル」の総会で正式に加盟が認められ、国際機関の一員として新たな一歩を踏み出しました。
 2010年の「子どもの村福岡」の開村以来、誠に多くの皆様方のご理解、ご支援を賜りながら今日に至っております。社会情勢も変わりゆく中、まだまだ多くの課題を抱えており、一層の努力を積み重ねていかねばなりません。
 さまざま理由で暖かい家庭で暮らすことができない子どもたちが国内外で増えつつある中で、わたしたちの活動は多くの方々の関心を頂くととともに、問題解決の一助となるようご期待いただいているものと感じております。
 今日までの多くの皆様方からのご高配、ご厚情に衷心より御礼申し上げますとともに、今後とも、引き続きご支援いただきますよう、お願い申し上げます。


副理事長 飯沼 一宇

長年 小児科医として子どものために努力してきた集大成として、SOS子ども の村JAPANのわが 国での認知度向上と、充実に尽力していく所存です。


事務局長 田代 多恵子

SOS子どもの村JAPANのスタートにあたって、「すべての子どもに愛ある家庭を」のスローガンが、子どもの村の実践を通してあらゆる子どもと家族にとどいていくよう、力を尽くして参ります。